小学生がバスに乗るなら「子供です」って言おうね

バス運転手の日常
スポンサーリンク

見た目じゃ小学生ってわからないよ

都内で路線バス運転手としてのキャリアが14年目を迎える現役バス運転手です。

小学生がバスに乗るなら「子供です」って言って欲しいんですよね。

見た目じゃ小学生って分からないんですよ。

特に5・6年生くらいになると大人と変わらないか、大人よりも大きいくらい。

それなのに黙って乗ってきて子供料金しか払わないと運転手としても声をかけなきゃならないこともあるんです。

声をかけると「え?子供!」とか言う反応が返ってきたり。

声をかけられるのが嫌なら自分から子供ですって言うとか。

判断材料は見た目だけなんですよね。

なので自己申告は必要です。

スポンサーリンク

おつりがある場合はなおさら子供ですっていうべき

おつりがある場合はなおさら子供ですっていうべきですよ。

だって自動的に大人料金が差し引かれるんだから。

バスの運賃箱は基本的に大人料金設定になっています。

乗客は大人料金の人が圧倒的に多いんです。

なので基本設定は大人料金です。

おつりがある場合はお客さんからの自己申告があってから子供料金への設定をします。

特に1000円札や500円玉で払う場合、いきなり入れられると大人料金を払うことになります。

両替してから払う方式の場合はそうでもないけど、おつりが出る方式の場合、必ず自己申告してほしいんです。

子供なのに大人料金払わされたってならないように自分から言おうよ。

運転手は会ったこともないあなたのことを小学生だって知ってるわけないでしょ。

子連れ客の「2人分」が一番困る

運賃トラブルでバスの運転手が一番困るパターンが、子連れ客が「2人分」って言うことなんですよ。

特に休日に多いこのパターン。

運転手的には「2人分」って言われたら大人2人分って受け取るんですよ。

そりゃ、明らかに小学生だって見た目ならこっちも気づくわけなんですけど、そこそこデカい子供連れて「2人分」って言われたら大人2人分って思いますよ。

以前、元ヤンの母親と身長が同じくらいの娘を連れた親子連れに「2人分」って言われたので「大人2名様でよろしいですか?」と確認したら「はぁ?うちの子小学生なんだけど!なに高く払わせようとしてんだよ!」とキレられたこともあります。

さらにバカ娘から「あたし大人じゃねぇし」とか言われて。

見た目で分からないことに怒るのならランドセルでも背負わせとけよ、って言いたい。

言わなくても分かってほしいのか?

会ったこともない相手と接するんだから伝えるって大事ですよね。

たとえ自分が客であっても。

こんなことコミュニケーションの基本だと思うんですけど。

言わなくても分かってほしいんでしょうか?

自分が分かっていることを相手も分かっていると思い込む。

思い通りいかないと怒る。

近年の接客業者に対する攻撃が多い傾向はこの辺が原因なのかなとも思います。

「カスタマーハラスメント(カスハラ)」なんて言葉もできたりして。

バス運転手に対する質問の記事にも書いたんですけど最近人のせいにすりゃいいやって人が多すぎません?

この記事の事例で言うと自分が子供であることを言わなかったことが原因だって一目瞭然ですよ。

それなのに立場が弱い者のせいにして。

みっともないですね。

子供が真似しますよ。

以上、小学生本人とその親に読んでほしい記事でした。

この記事が気に入っていただけたらSNSでの拡散やフォローをお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました