終点に着いてもおきない酔っ払い客

バス運転手の日常
スポンサーリンク

寝たまま起きない酔っ払いへの対応

都内で路線バス運転手としてのキャリアが14年目を迎える現役バス運転手です。

路線バスに乗っていると、酔っ払い客が寝ちゃって終点についてもおきないってことがよくあるんですよ。

路線バスあるあるの一つですね。

こういう場合って次のようにするんです。

  • 大声でおこす
  • 背もたれをたたく
  • 寝かせたまま次の行路を出発
  • 車庫だったら運管に丸投げする
  • 警察呼ぶ

今回は自分が遭遇したエピソードをいくつか紹介しますね。

スポンサーリンク

女性だと厄介

まず酔っ払いが女性だと厄介なんですよね~

おこすのに体を触っちゃダメなんですよ。

後になってセクハラ!とか言われたり。

つい先日、女性の酔っ払い客が爆睡したまま帰庫したんですけど、その時はどうしても起きないので警察呼びました。

帰庫してすぐ運行管理者に「酔っ払いおこして~」って丸投げにしたんですけど、ぜんっぜんおきなかったんですよ。

仕方がなしに警察呼んだんですけど。

そしたらお巡りさんは両肩つかんで思いっきりゆすってました。(苦笑)

その時は終点が車庫で終車だったから事務所任せでよかったんですけど、駅とかだったら面倒くさいですよね~

寝かせたまま次の行路を出発する

駅で折り返し運行とかだと待合時間中に起きなかったらそのまま次の行路を出発します。

無理に起こそうとしません。

下手に起こそうとしてもトラブルになるかもしれないし。

寝過ごしたのは客の自己責任ですからね。

以前までうちの路線によく乗ってた客で必ず寝ちゃうのがいたんですよ。

毎日同じ時間に乗ってくるんですけど、必ず寝ちゃうんです。

他の客にも顔を覚えられていて「運転手さん、こいつまた寝てるよ」とか言われるようなやつです。

もう分っているのでそのまま折り返しで発車。

おきたころには振り出し地点に戻っている、なんてしょっちゅうでした。

子供だと見えなくて存在に気付かない

夕方に習い事帰りに子供が乗ることもあるんですけど、子供の爆睡って酔っ払い以上に起きないんですよね。

後部座席だとベンチシートになっているので、そこで横になられちゃうと車内ミラーに映らない。

それで存在に気付かないんですよね。

結局車庫まで連れて帰って親に迎えに来てもらいました。

お化けかと思った深夜バスの客

深夜バスに乗務した時のこと。

終点で客を下ろし、回送で車庫に帰っている最中に「ガタッ」と物音がしました。

驚いて振り返るとフラフラとした人影が・・・

真っ暗の中、街路灯に照らされたその姿はお化けですよ。

正体は酔っ払いで、降ろしてくれ~って言われたのでその場で即ドア開けて降ろしましたけど。

ちょ~ビックリしました。

こういう状況でもし相手がヤバい人だったら、車内は密室ですからね。

たまに身の危険を感じることもあります。

夜間走行にはご注意を。

この記事が気に入っていただけたらSNSでの拡散やフォローをお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました