高血圧は運転手の大敵。治療するには

運転手の仕事をしているとどうしても運動不足になりがち。
また、睡眠不足も当然のようについてきます。

 

こうなると血圧はグングン上がり、
高血圧は運転手にとっては職業病のように多くの人がかかる病気です。

 

私自身、ドライバー職を10年以上もやっていますが、
私も血圧高いし、同僚も高血圧ばかり。

 

食事のたびにたくさんの薬を飲み、
しかも血圧の薬って一度飲んだら一生の見続けるもの。

 

これが嫌でたまらないんですよね。

 

薬飲むのも面倒だし、
定期的に医者に行かなきゃなんないし。
お金もかかりますよね。

 

でも、
この薬を一生飲み続けるって
当たり前のことだと思っていますか?

 

高血圧で薬を一生飲み続けるのが嫌な方はここをクリックしてください

 

今までの高血圧治療は間違いだらけ

 

これに疑問を感じたことってないですか?

 

本当は治療方法があるのにもかかわらず、
薬代で儲けようって医者が考えていたとしたら・・・

 

あなたは血圧の薬を一生飲み続けるの、もう嫌じゃありませんか?

 

実は、薬に頼らずに高血圧を改善している人がたくさんいます。

 

食生活を少し変更するだけで。

 

食事療法ってものすごい大変ってイメージありますよね。

 

あれは食うな、
これは半分だけにしろ、
とか。

 

特に塩分に関しては気にしすぎるほど気にしますよね。

 

ところが近年、
夏になり、
熱中症患者が増えてくると
塩アメのCMが増えたり、
やたら塩分補給を世間が叫びますよね。

 

知っていましたか?血圧と塩分は関係がないって

 

実は塩分と血圧は関係はありません。

 

塩分の抑制を促しすぎた結果、
熱中症患者が増えれば責任問題となるため、
厚労省も最近ではあまり言わなくなったんです。

 

なのでこのページでお話ししている
食事療法はよくある減塩ではありません。

 

減塩で味気ない食事をする必要もない、
薬を一生飲み続けることもない、
今までになかった高血圧治療法


血圧の薬をずっと飲み続ける。あなたはそれが当たり前だと思っていませんか?

実はそうじゃないんです。

今までの「高血圧の常識」は間違いだらけでした。

今の治療法に疑問がある方はここをクリックしてください