あなたは病院に通い続けて、薬を飲み続ければ血圧は下がると思っていませんか?
あなたは塩分を控えた食事をしていれば血圧は下がると思っていませんか?
あなたは医者の言うとおり、1日30分の運動をしていれば血圧は下がると思っていませんか?

バス運転手は水のんじゃダメ?

JRの運転士が熱中症で電車が運休になったことが大きなニュースになり、交通従事者の水分補給や体調管理が問題になっています。

 

バス業界でも運転手が乗務中に飲み物を飲んだ、という旨の苦情が多く寄せられている。

 

それだけで運転手を処分するバカ会社がある。

 

運転手だって人間である。

 

水分補給ぐらいは必要である。

 

このページではこの問題について真剣に考えます。

 

水くらい飲んだっていいじゃん。バス運転手だって人間だよ

バス運転手だって人間です。

 

生きているんです。

 

これくらい言わなくたってみんな分かっていますよね。

 

なのになんで水も飲んじゃダメなの?

 

水分補給って生命維持に必要なことですよ。

 

こんなことでクレームを入れるって、間接的に命を危険にさらさせているんですよ。

 

水くらい飲んだっていいはず!

 

バス運転手はのどが渇きやすい環境にいる

バス運転手ってのどが渇きやすい環境にいます。

 

バスの運転席ってガラス張りで直射日光を浴びるし、エアコンつけっぱなしで乾燥するし、それにしてはドアの開け閉めが多くて冷えないし、最長で4時間は休憩が取れない。

 

こんな環境だからのどは乾くんです。

 

これで水分補給禁止なんて言われたら拷問ですよ。

 

命の危険のある職業になりますよ。

 

水分補給に対するクレームの根拠は?

クレームを入れる側の考えは?
(理解できないし、しようとも思いませんが)

 

例えばバスが走行中にペットボトルをもって片手運転をしていたら危険だし、クレーム入れてもいいと思います。
(この場合は水分補給をしたことよりも片手運転がマズいはず)

 

でもそうじゃない。

 

信号待ちや駅での折り待ち時間など運行に支障のない範囲で飲んでいるんです。

 

私自身、マイボトルで水を飲んでいたら「水筒の中身は酒だろうが!」と難癖をつけられたこともあります。

 

もし、酒の匂いでもしていたら指摘をするのは当然ですが、そんなことはないです。

 

勤務の開始・勤務の終了時にアルコールチェッカーを吹くので勤務中に酒を飲んでもすぐにバレます。だから飲むわけありません。

 

バス運転手が水分補給をしたことで乗客を危険にさらしたり、運行に支障が出たのであればクレームは妥当ですが、そうじゃないのにただ水を飲んでいたぞ、と会社に電話するのって何の意味があるのかわかりません。

 

世の中に余裕がなさすぎますね。

クレームに対する会社の対応に問題もある

こういった理不尽極まりないクレームに対しても会社が過剰反応をするせいで運転手が命を危険にさらしています。

 

事務職としては運転手の個人責任にするのが最も楽なクレーム処理です。

 

クレームが来たから始末書を書け、となるのです。

 

これが嫌で運転手は水分補給をすることをためらったりする、その結果体調不良を起こして運休。

 

運休になんてことになったらますますキツイ処分をされます。

 

なのに熱中症を防ぐために水分を取ればそれに対してクレーム。

 

会社がそんな理不尽なクレームは突っぱねる、という姿勢を取ってくれれば運転手はどれだけ救われるか・・・

 

会社どころか本来は運転手を守らなきゃいけない立場の労働組合でさえ知らん顔です。

 

それに運転手の水分補給を禁止した場合、パワハラ通り越して人権問題ですよ。

 

万が一の場合は誰の責任?

水分補給って生命維持に必要なことですよね。

 

これに対してクレームを入れて、運転手が水分補給もできなくなって熱中症で万が一のことがあったら誰が責任取るんでしょうね。

 

クレームを入れた者が間接的に殺害したようなものですよ。

 

クレームが来たから水飲むな、って命令が出た場合は会社の責任ですよ。

 

こんなにひどい職業なんだから人手不足になって当然ですよ。

 

岐阜バスの張り紙

岐阜バスで下記のような張り紙がされました。
岐阜バスの水分補給のお知らせ
この張り紙が出た時はクレーマー社会がここまで来たか、と思いましたが。

 

これもクレーム対策ですよね。

 

理解を求める、と言うものです。

 

こんなこと言わなくても分かるはずなのにわざわざ張り紙でお願いしないといけないのか。

 

 

まとめ

 

とにかくバス運転手は人間です。

 

水分くらいは必要です。

 

当たり前ですよ。以上。

バスの運転手になりたい方へ

あなたはバスの運転手になりたいと思っているんですね?
そうであれば「大型二種」という免許が必要です。
昔は一発免許でしたが、近年は教習所で取ることができます。
ですが、教習所を卒業しても試験場で学科試験を受ける必要があります。
いわゆる「実地免除」です。
普通免許を持っていても学科は受けます。
二種免許は特別な免許なのです。
大型二種免許のテキストは持っていますか?
2017年3月から準中型免許が加わり、免許制度も複雑になっています。
試験問題もそれに応じて変わっています。
2017年以降に出版されたテキストでないと合格は難しいでしょう。
内容が分かりやすく、評価の高いテキストを紹介します。


クリックで詳細が確認できます。
もしテキストが手元になくて学科試験が不安ならこれがおすすめです。
試験に落ちて、再試験を受けることを考えると本1冊くらい割安ですね。


適性検査LP
無料登録であなたの転職市場での価値が分かる
あなたは自分にどれくらいの価値があるか把握していますか?
もしかしたら今の職場では低い評価をされているかも。
無料であなたの価値を客観的に評価できる方法があります。
上の白いスタートボタンをクリックしてください。
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたら、SNSで拡散していただけると嬉しいです。
使っているSNSのマークをクリックしてください。