バスの運転手をやめたい人必見

せっかく幼い頃から憧れて、なりたかったバスの運転手であったとしても、職場環境などが揃わない限りはなかなか長くバスの運転手を続けることができません。
現にこのような悪化した環境が原因で、バスの運転手を辞め、転職していくことを聞いた方も、大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

 

今回は、バスの運転手をやめたい人必見、転職者の明暗と言うテーマで、転職者の成功事例や失敗事例について紹介します。

 

バスの運転手の給与について

 

バスの運転手の給与は年間でどれくらいかご存知でしょうか。
平均して400万円程度とされています。
この年収はバスの会社によって異なりますが、多いところでは1,000万円程度の年収を稼ぐ場合があります。
この年収1,000円の収入があるのは都市であり、ある程度バスの本数や乗車人数が多いところだと思います。
しかしながら、バスの運転手の給与は基本給に加えて、大半は残業をすることよる残業手当で稼ぐことになります。

 

そして、昨今のバス会社の運転手不足と言うことも重なったことから、仕事の環境として長時間労働が日常的になっており、この結果、体を壊す運転手も増加傾向になるのです。

 

転職の選択肢は

 

このように、バスの運転手においては長時間労働という労働条件がつきまとうのですが、地方のバス会社に勤めるバスの運転手さんの場合は、労働環境がさらに厳しくなっているところが多くあります。
劣悪な環境で、仕事量も多くなってくると、体のどこかが悪くなってきます。
特に、地方においてはその地域に1つのバス会社しかない場合などがあると、その会社として維持しなければならない路線数も多いことにもつながり、さらに長時間労働を強いられることもあります。

 

この長時間勤務が原因で、自由に休みもろくに取得できず、朝から晩までバスに乗りっぱなしとなり、体を壊してしまう運転手さんは意外にも多いです。

 

では、劣悪な環境から転職で脱するとすれば、どのような選択があるでしょうか。

 

例えば、よくあるケースとしては、そのまま別のバス会社へ就職する場合と、大型免許を生かせるトラックドライバーや、送迎バスの運転手といったものが挙げられます。

 

特に、そのまま別のバス会社へ転職する場合は、バスの運転手という憧れが捨てきれないこともあり、バスの運転手として転職をし続けてしまうのです。

バスの運転手からトラックの運転手へ転職する場合も多い

 

一方、バスの運転手からトラックの運転手への転職も多いとされています。理由としては、大型免許を取得していると、このような潰しが効くこともあるのです。

 

さらに、トラックドライバーになる方の心情は、大型車両の運転は好きであるが、バスの運転手のようなお客様の安全を確保することに疲れていたり、定時運行といった縛られた環境で仕事をするよりかも、比較的自分のペースで大型車両を運転できるトラックの運転手の方が良いと言う考えが多くあります。

 

トラック運転手の場合は、長距離でかつ、長時間ドライバーとして過ごす時間も多くあるものの、給与面では、危険物を輸送するトラックの場合は手当ても多くつくとされています。

 

どちらの選択肢がよいかは本人次第ではありますが、もし転職を決めるとすれば、労働関係、給与形態の比較検討をした上で、最適な企業への再就職を決断されてみてはいかがでしょうか。

 

最近では、自動運転も社会的実験として開催されています。
バスもいずれはAIといった人工知能や自動運転技術によって自動運転化の検討がされており、バス運転手自体もAIと一緒になりながら、バスの運行を続けるケースもひょっとしたらあるかもしれませんね。

 

ただ、当面はバスの運転手と言う職業自体は無くなりません。
転職に成功したか、失敗したかは感情的な部分によるところが大きいです。
給料は上がったけど・・・。あれは良くなったけどここは嫌。・・・など。
これを考えると転職するかしないか自体を冷静に考える必要がありますね。
人手不足が叫ばれる業界という事は求人自体は常にあるという事です。バスの運転が完全自動運転を実現するのはまだまだ未来のことと考えていいでしょう。
「手に職を付ける」という意味ではバスの運転手は有効な選択肢といえるのではないでしょうか。